薄毛になってしまって困ったときや薄毛の予防をしたいときには育毛剤を使う人が多いでしょう。しかし、世の中には発毛剤と呼ばれるものもあり、どちらを使ったら良いか迷うかもしれません。違いを理解して使い分けることが大切です。

育毛剤と発毛剤の基本的な違い

薄毛の対策として使用される育毛剤と発毛剤は基本的には髪に対する作用に大きな違いがあります。育毛剤は髪の毛の成長を促すための成分が含まれているものであるのに対して、発毛剤は毛根から髪の毛が出てくるのを促進する成分が含まれているのです。髪の毛を生やす力はあっても伸びずに抜け落ちてしまう人や、太くコシのある姿にまで髪の毛が成長しないという人に向いているのが育毛剤になります。それに対して髪の毛が全く生えてこないで薄毛になってしまったという人が利用すると効果を期待できるのが発毛剤です。薄毛の症状や対策したい現象に応じて育毛剤と発毛剤は適切に使い分けなければ目的としているような結果が得られないので注意しましょう。

発毛作用のある育毛剤もある

自分にとって育毛剤と発毛剤のどちらが良いのかわからないという人もいるでしょう。薄毛の様子を見ていると両方が必要だと感じる人もいて当然です。育毛効果と発毛効果は異なりますが、実際には同じ原因で両方が起こりにくくなってしまう人もいます。そのことも考慮して発毛作用のある育毛剤も開発されて市場に流通しているので利用すると良いでしょう。頭皮の栄養不足や血流不足のように髪が生えにくく、成長もしにくいという人に向いている成分が含まれているのが特徴です。様々な成分の組み合わせで両方の作用を示すようにしてあり、育毛作用のある発毛剤というコンセプトで売られているものもあります。どちらに主眼を置いているかの違いなので両方共利用価値があるでしょう。

成分の違いによって効果も違う

育毛をしたいから育毛剤を選んだけれど髪が成長しないという人もいます。育毛成分は多種多様であり、人によって合う合わないがあっても当然なのです。発毛成分についても同様であり、男性にしか効果がない成分もあります。育毛も発毛も必要という人の場合には適切な組み合わせでないとはっきりとした効果が出ない可能性もあるでしょう。育毛剤や発毛剤を選ぶきにはどちらが自分に必要かを考えた上で、成分の異なるものをいくつか使ってみて比較することも重要です。自分の症状や体質に合ったものを試行錯誤で選び出すことがしっかりとした効果を発揮させて育毛対策を行うために必要だと理解しておきましょう。有用な成分が多数知られているからこそ組み合わせも増えてしまうので製品の種類も多くなっています。

蘭夢100mlで、約一ヶ月使用できます。 日本中に自生するセンブリから抽出したエキスが頭皮の血液循環を上げます! 10年の歳月をかけて育毛剤「蘭夢」に使用される蘭を育てています。 抜け毛予防なら蘭夢をご利用ください。 洋蘭シンビジウムのエキスから作られた薬用育毛剤「蘭夢」を販売中。 髪の毛についてのご相談は、専門のスタッフが対応いたします。 育毛剤をお探しなら【蘭夢】がオススメ!