女性の体は妊娠や出産など様々な一大イベントを経験します。そんな中で産後によくある症状が抜け毛です。一本や二本というレベルではなく、まるでホラー映画のように数本手に絡まっていることもあります。そんなデリケートな時期に使える育毛剤があるのです。

なぜ産後髪の毛が抜けるのか

産後に起こる抜け毛の事を産後脱毛症もしくは分娩後脱毛症と呼ばれています。出産を経験した実に7割もの女性がこの症状に悩みます。なぜ産後抜け毛が起こるのかと言いますと、原因は女性ホルモンです。妊娠中は黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方が増えます。このホルモンは出産までどんどん増えていきますが、産後は一気に減少します。これが原因で産後髪の毛が抜けるのです。その他にも慣れない育児へのストレスや髪の毛が抜けることへのストレス、授乳やお世話でなかなか寝れないなど、これらの原因で抜け毛になります。またお肌もデリケートな時期なので、抜け毛が気になるからといって、むやみに市販の育毛剤を使うことはあまりおすすめできません。

食事から産後の抜け毛対策

育毛剤を使えないなら、毎日の食事から抜け毛の対策をしましょう。特に授乳をしている方は、栄養バランスに気を使う時期なので、髪の毛にもおっぱいにも栄養が届くので一石二鳥なのです。まずはカルシウムです。髪の毛にコシやはりを与えるほか、産後はカルシウムが不足するので積極的に摂取します。次にたんぱく質です。髪の毛はケラチンというたんぱく質から構成されており、母乳を与えているひとは、カルシウム意外にもたんぱく質も減少します。ビタミンB郡は代謝をする上では欠かせない栄養素です。血液の流れを促し、発毛効果を高めます。もともと水溶性のビタミンなので、スープや味噌汁などに野菜をたっぷり入れて摂取したり、煮物にして食べましょう。

授乳中に使える育毛剤がある

そんなデリケートな時期に使える育毛剤が、インターネットなので販売されています。界面活性剤や香料にパラベンなど、髪の毛や頭皮に対して負担になる成分は含まれていません。ハーブやアミノ酸などの天然成分が配合されているので、血流を改善し発毛効果を促進したり今ある髪の毛を太く抜けにくくする、頭皮に潤いを与えるなど様々な効果があります。市販の成分は授乳中の人だけではなく、アトピーや敏感肌の人にも刺激が強すぎるのですが、授乳妊娠なかに使えるものは比較的お肌がデリケートな人でも安心して使えます。さらに授乳中だけではなく、中には妊娠中の最もデリケートな時期にも使えるものがあります。育毛剤をうまく活用し、ふさふさな髪の毛を目指しましょう。